さまぁ〜ず三村、禁煙10日で体に異変「かつ丼食べたら…」 性格も変化!?

[ 2018年10月24日 11:38 ]

さまぁ〜ず・三村マサカズ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さまぁ〜ず」の三村マサカズ(51)が23日、自身がMCを務めるテレビ朝日系「さまぁ〜ず×さまぁ〜ず」(月曜深夜2・24)に出演。31年間続けている喫煙を10日間やめたことで体に異変が起きていることを明かした。

 医師からタバコをやめるように促されたため「思い切ってやめてみた」という三村。収録日は禁煙してからちょうど10日目で「31年、めちゃくちゃ長いタバコ生活だよね。飛行機の8時間ですらつらい人が、今はやめて10日になる」と話すと、スタジオの観覧客からは拍手が起こったが、「やめて、このオンエアの時には吸ってるから」と制止した。

 「31年間タバコ吸っている人が10日やめるとどうなるか知ってる?」と続け、「においとかいろいろな情報が入ってくる。犬ぐらいにおいがくる。次の日、眉毛とまつ毛とひげがボーって生えてきた。次に声が高くなってきた。細胞が活性化したのか」と体に異変があったことを告白。「30年吸っていたタバコをやめると覚せいするのよ。かつ丼食べたら、『なんだこの衣の香ばしさ…』って評論家みたいになっちゃって。良いことしかない」と喜んだ。

 相方の大竹一樹(50)は「怖いことも知るようになって、臆病な感じになっている」と性格も変化してきていることを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月24日のニュース