イモトアヤコ「下町ロケット」大抜擢に重圧も「ぶち壊してはいけない」自分がPなら「別の人を(笑)」

[ 2018年10月21日 09:30 ]

日曜劇場「下町ロケット」に天才エンジニア役でレギュラー出演し、シリアスな演技が話題のイモトアヤコ(C)TBS
Photo By 提供写真

 タレントのイモトアヤコ(32)がTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)にレギュラー出演。第1話(14日放送)の涙が反響を呼ぶなど、トレードマークの太眉を封印したシリアスな演技で新境地を開拓した。個性的なキャラクターがひしめく中、天才エンジニア役で早くも存在感を示しているが、続編からの新キャストとあり「(世界観を)ぶち壊してはいけないというプレッシャーはありました」と重圧も。大抜擢には「客観的に自分がプロデューサーだとしたら、勇気の要ること。別の人をキャスティングするなと思ったり」と笑いを誘いながらも、目標だった看板枠で「今までやりたくてもやれなかった役。この役を全うしたいです」と気合が入っている。

 俳優の阿部寛(54)が主演を務め、経営難に追い込まれた下町の町工場・佃製作所が技術力により困難を打ち破る様を描き、列島に感動を呼んだエンターテインメント巨編の3年ぶり続編。前作は2015年10月期に放送され、最終回の平均視聴率22・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が同年の民放連続ドラマ1位に輝く大ヒットとなった。

 「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」(第1作)「陸王」に続き、池井戸潤氏の原作は5度目のドラマ化になるTBSだが、続編制作は初。今回も、おなじみの伊與田英徳プロデューサー&福澤克雄監督のゴールデンコンビを中心に制作。第2弾の原作「下町ロケット ゴースト」(小学館)は7月20日に発売されたばかり。宇宙から大地へ、新たな物語が始まった。

 イモトが演じるのは、創業5年のベンチャー企業「ギアゴースト」の副社長で、技術者として自転車・自動車・船舶・鉄道・エスカレーターなどに組み込まれている部品「トランスミッション(変速機)」の開発にも携わる島津裕(しまづ・ゆう)。帝国重工の元社員で、天才エンジニアと呼ばれていた。

 第1話、佃製作所はロケットエンジンに不可欠なバルブシステム(ロケット燃料を制御、バルブ=水・空気・ガスなど流体を通したり、止めたり、制御したりするため、通路を開閉することのできる可動機構を持つ機器の総称)のノウハウを生かし「ギアゴースト」のコンペに参加。トラクター用トランスミッションのバルブを、業界最大手「大森バルブ」と競った。島津は、トラクターの振動でも“壊れない”佃製バルブの凄さを見抜き、涙を流した。ドラマ全体を通じ、良きライバルとして佃航平(阿部)と高め合い、佃製作所のメンバーと深く関わる。

 ――19〜20日と新潟県燕市で行われたロケに参加。いかがでしたか?

 「人も温かくて、ご飯もおいしいです。地元のお母さんたちが温かいお昼を用意してくれて、心も温まります。(撮影が詰まっており)もうちょっと、ゆっくり食べたかったです(笑)」

 ――初回はご覧になりましたか?

 「撮影でリアルタイムでは見られなかったのですが、録画したものを自宅で1人で見ました。自分が出ていないシーンとか、初めてつながったものを見られて、ストーリーに引き込まれて、アッという間で楽しかったです」

 ――改めて今回「下町ロケット」の出演オファーを受けた時の気持ちは?

 「死ぬほどうれしかったです。日曜劇場のファンですし、もちろん前作も見ていたので、そこに自分が入れるのがとてもうれしかったです。と同時に、その中に登場人物として入ることで、ぶち壊してはいけないというプレッシャーはありました。第1話の放送が終わった今でも不安ですし、ちゃんと溶け込めてるか、正直まだまだ手探り状態です」

 ――天才エンジニア・島津裕役の役作りについて教えてください。

 「“天才エンジニア”“理系女子”ということで、普段使わないような横文字や専門用語が多くセリフに出てくるのですが、言っていて不自然にならないように、自然に出てくるように心掛けています。島津は結構地味な印象ですが、私は目立ちたがり屋なところもあるので、ちょっと違うかもしれません(笑)。でも、純粋にものづくりが好きで、好きなものに対してオタク要素があるところはちょっと似ている部分もあると思うので、役に取り入れていけたらなと思っています」

 ――演出の福澤監督とは女優デビュー作「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」(10年、TBS)以来8年ぶりのタッグ。

 「ますますパワーアップしていますよね、大好きです。昔は“武将”のイメージがあって、時代が違っていたら、絶対天下を獲っていると思うんですよね(笑)。現場でも厳しい時はあるのですが、それ以上にストイックに作品に集中されて、私たちの知らない細部まで考えられているなと思って、説得力があるんですよね。トップの人たちが努力している姿は、阿部さんもそうですが、付いていきたくなるなと思います。(そういう姿を見て、島津を演じていると)私も言葉だけでなく、ちゃんと行動と、やりたいことをきちんと発信できるような上司になりたいです」

 ――今回はシリアスな場面も多く、バラエティー番組で見るイモトさんのイメージとはだいぶ違います。初主演ドラマ「最高のおもてなし」(14年)や舞台「君となら」(14年)などもコメディーの印象が強かったと思います。

 「本当に素敵な役を演じさせていただけているなとすごく感じています。今まで絶対にやりたくてもやれなかった役だし、客観的に自分がプロデューサーだとしたら、『イモトアヤコ』をキャスティングするのはすごく勇気の要ることだし、自分だったら別の人をキャスティングするなと思ったり(笑)。そこに自分が入っているのが想像できなかったので。その分、キャスティングしてくださった方の期待を裏切りたくないなという気持ちはあります。『イモトアヤコ』のパブリックイメージがこの役の邪魔にならないといいなと思ってます」

 ――バラエティーと女優業のバランスは、どのように考えていますか?女優としての今後の目標や展望を聞かせください。

 「最終回までやり切ることができたら、『イモトアヤコ』自身にもすごくプラスになると思っています。バラエティーにもすごくいい影響があると思うし、ドラマで得たものをバラエティーに、その逆もしかりですが、あまりそこを分けずに相互によくなっていきたいです。正直なところ、日曜劇場で福澤監督のもとでやりたい!というのは、ずっと目標だったんです。今それができているので、これを精いっぱい頑張ってやっていたら、きっと何かつながると思うので、この役を全うしたいです」

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月21日のニュース