松本人志、沢田研二ドタキャンは「芸能界あるある」 自身の経験談明かす

[ 2018年10月21日 10:26 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が21日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。17日に予定していたさいたまスーパーアリーナ公演を「動員に関する契約上の問題」でドタキャンした歌手の沢田研二(70)について言及した。

 松本は「僕思うんですけど、これは芸能界あるある」と切り出し、「僕はコンサートやらないですけど。スタッフに楽屋でいろいろと(企画を)お願いされて『長い経験で分かるから、うまくいかないですよ』って言っても、『絶対なんとかしますから』って(スタッフが言う)。で、いざふたを開けたら『すみません…』ってことがよくある」と経験談を語った。

 「お客さんが入らないのは実はだいぶ前から分かってたと思う。それを黙っていた、当日に分かってもやめないだろうと、たかをくくっていた感じが僕は嫌」とイベンター側を非難し、ドタキャンしたことにより沢田のプロ意識が問題視されることについては「プロって言い出すなら。イベンターのプロ意識はどうなんですかってこと。約束したならちゃんと満員にしたってくれよ」とした。

 続けて「歌いながら客席スカスカやったら、『俺言ったよね、俺言ったよね〜』ですよ。絶対いいパフォーマンスできない」とし、「やったらやったでどこかの週刊誌が客席ガラガラって悪意をもって書く。やっても地獄、やらなくても地獄」と私見を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月21日のニュース