「カメ止め」上田監督の出身地・滋賀で上映会「何も娯楽ないからこその発想力」

[ 2018年10月21日 10:35 ]

 「カメラを止めるな!」に登場するゾンビに扮した地元の子どもたちとポーズをとる上田慎一郎監督(手前左)=20日午後、滋賀県長浜市
Photo By 共同

 300万円の低予算映画ながら異例のヒットになった「カメラを止めるな!」の上映会が20日、上田慎一郎監督(34)の出身地、滋賀県長浜市木之本町地区で開かれ、県内外から100人以上が集まった。上田監督の同級生らが中心となり企画した。

 50年以上前まで映画館だった施設が会場として使われた。講演会で上田監督は「何も娯楽がない場所だからこそ、自分たちで面白いものを考える発想力をつくってくれた」と、同地区で過ごした高校時代までを振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月21日のニュース