西川史子 大ファンの沢田研二ドタキャン騒動に「ああいう形で出てきてほしくない」

[ 2018年10月21日 11:26 ]

医師でタレントの西川史子
Photo By スポニチ

 医師でタレントの西川史子(47)が21日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)の生放送に出演。17日のさいたまスーパーアリーナ公演を空席が目立つとしてドタキャンした歌手の沢田研二(70)について言及した。

 沢田の大ファンと言う西川は「ああいう形で出てきてほしくないし、もうちょっと痩せてほしいし、ちょと太りすぎ」と、沢田の体型を気にしながらも「私にとってジュリーは神」と特別な存在だと語った。さらに、ドタキャンしたことには「すごく残念としか言いようがない」とコメントし、「沢田のファンというの50〜70歳代の方が多く、一生懸命来た中で『今日はできません』と言われても(お客さんが)かわいそう」と、同じファンの立場として複雑な心境を述べた。

 また、演出家のテリー伊藤(68)は「彼には彼の哲学があって、痩せると声が出なくなる」と話すと「ジュリーが好きな人から見たら全然そんなことないですよ」と反論し、「私だってジュリーの哲学は知っている。ジュリーが大好きなんですから」と興奮した口調で語っていた。

 70歳を記念した全国ツアー「OLD GUYS ROCK」で、17日に予定していたさいたまスーパーアリーナ公演を開演1時間前に中止。翌18日に会見を開いた沢田は、9000人の動員と聞いていた集客状況が実際は7000人ほどしか見込めなかったことから「客席がスカスカの状態でやるのは酷だ」と中止を決断した理由を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月21日のニュース