みやぞん 24時間TVトライアスロン、水泳は1・55キロ「ちょっと不安です…」

[ 2018年8月15日 07:47 ]

「ANZEN漫才」のみやぞん
Photo By スポニチ

 日本テレビ「24時間テレビ41」(25、26日)でチャリティーランナーを務めるお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(33)のチャリティーマラソンの挑戦距離が15日、同局の生番組内で発表された。

 チャリティーマラソンは「24時間テレビ」史上初めて、水泳、自転車、長距離走のトライアスロン形式で行われる。まずは同日の「ZIP!」(月〜金曜前5・50)で「水泳」の距離が「1・55キロ」と発表された。

 みやぞんは練習先の神奈川・大磯から生出演。あまり水泳が得意ではないというみやぞんは、本番で実況を担当する同局の蛯原哲アナウンサー(44)から距離を聞くと、「1キロはわかります、その5ってどういうことですか」と戸惑いを見せ、「ちょっと不安です。今まで1キロも泳いだことがないので、これからどうなるか、これからちょっと頑張りますよ」と不安顔。五輪のトライアスロン競技の水泳(1・5キロ)よりも長いと聞かされ、「ウェーーー!」と唸るような声を上げ、苦笑した。改めて「今のところは難しいですけど、絶対、本番成功するように頑張りますから。素晴らしいサポーターの方がついているので、大丈夫です」と意気込んだ。

 本番は厳しい暑さとの戦いともなる。番組で特集した暑さ対策VTRを食い入るように見つめ、「我々プロフェッショナルですから、(暑さ対策は)十分やってます」と気合十分だった。

 この後、「スッキリ」(月〜金曜前8・00)、「ヒルナンデス!」(月〜金曜前11・55)は「みやぞん24時間トライアスロン 生放送で『距離』発表SP」として放送され、自転車と長距離走の距離が発表される予定。

 チャリティーマラソンは25日放送の「メレンゲの気持ち」(土曜正午、一部地域を除く)内にスタートし、番組内で生中継され、挑戦時間は33時間。本編より前にスタートを切るのは1995年の間寛平以来23年ぶりとなる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月15日のニュース