BSジャパンが社名変更 10月から「BSテレビ東京」に

[ 2018年7月25日 16:00 ]

「テレビ東京グループ2018年10月以降における企業ブランド戦略について」に出席したテレビ東京の小孫茂社長
Photo By スポニチ

 テレビ東京グループは25日、都内で記者会見を行い、10月から「BSジャパン」の社名を「BSテレビ東京」に、サービス名を「BSテレ東」に変更すると発表した。

 BSジャパンでは、主に日本経済新聞社と連携した経済番組のほか、ドラマ、バラエティー、スポーツなど多くのオリジナル番組制作に加え、グループ会社の地上波放送局であるテレビ東京の番組を放送している。今回の社名変更を機に、日経グループとの連携をさらに強めるとともに、テレビ東京グループの一員であることを明確し、チャンネルの認知度を一層高める。今後も独自性のある番組作りをすすめ、より親しんでいただけるように目指すという。

 テレビ東京ホールディングスの小孫茂社長(66)は「18年間、親しまれてきたBSジャパンを変更することになりました。テレビ東京にとっては結構大きな一歩であります」とあいさつ。BSジャパンの石川一郎社長(60)は「テレ東の強さを取り入れていきたい」「ドラマ等、テレビ東京の支援を受けながら、オリジナルのコンテンツを強化していきたい」「BSジャパンでしか見られない室の高い経済番組を作っていきたい」と3つの意図を明かし、「BSジャパンを何とかもう1段上の魅力ある放送局にしていきたい」と力を込めた。

 また、テレビ東京は10月から開局55周年キャンペーンを展開し、12月1日にはBS4K実用放送がスタート。「BSテレ東」の誕生をきっかけに、地上波、BS、配信の3メディアの連携をさらに強め、4K時代にふさわしいコンテンツの制作を進めていく。

 BSジャパンは1998年12月に「ビー・エス・ジャパン」として設立、2000年12月に開局。2005年6月に現社名の「BSジャパン」に変更。2010年10月にテレビ東京ホールディングス(TXHD)を発足し、同ホールディングスの100%子会社となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年7月25日のニュース