【明日4月24日の「半分、青い。」】第20話 鈴愛が人生を左右する出会い 落語の声は柳家喬太郎

[ 2018年4月23日 13:00 ]

連続テレビ小説「半分、青い。」第20話の1場面。漫画を読む鈴愛(永野芽幾)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)は24日、第20話が放送される。

 高校最後の夏休みを迎えた鈴愛(永野)だったが、律(佐藤健)から受験勉強に専念するため今までのようには遊べなくなると告げられる。友人たちも皆、受験勉強。進学するつもりのない鈴愛は時間を持て余す。そんな鈴愛を見かね、律は秋風羽織という漫画家が描いた少女漫画を貸し渡す。秋風の漫画の世界に引き込まれる鈴愛。それは今後の人生を大きく左右する出会いだった。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げる姿を描く。

 【+α】鈴愛の人生初デートの相手、新聞部の小林(森優作)がカセットテープで聞いていたのは落語だった。第19話(23日放送)でウォークマンから流れてきた「寿限無」の声の主は、人気落語家・柳家喬太郎(54)。このシーンのためだけに、数パターン収録したという。贅沢な起用となった。喬太郎は「朝ドラのお話を頂いて、とうとう出演かと思っていたら、落語をやってくれと(笑)。落語のシーンが平成元年の辺りのこととうかがいました。私も平成元年に噺家になったので、そういう意味ではご縁があるような。登場人物が興味を持った落語を、自分も聴いてみようかなと思っていただければ、うれしく思います」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月23日のニュース