日テレ社長 自社のセクハラ対応に言及「被害があれば会社として守る」

[ 2018年4月23日 14:32 ]

日本テレビ
Photo By スポニチ

 日本テレビの大久保好男社長が23日、東京・汐留の同局で定例会見に出席。財務省の福田淳一事務次官によるテレビ朝日の女性記者へのセクハラ疑惑について聞かれると「記者会見をされたことは承知しているが、それ以上の詳しい経緯がわからないので、コメントは控えたい」と語った。

 同局は「セクハラに対してガイドラインをもうけている。箇条書きで書いてあります」と明かした。「今回のことで特別何かということはないが、ハラスメントに対する明確なガイドラインがあるので、被害があった場合は被害者を会社として守っていく、きちんとした対応をしていく」と話した。取材相手からのセクハラについても「対象者は社内に限定したものではない」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月23日のニュース