稲川淳二 WEBムービーで新感覚ホラー挑戦、怪談がいつの間にかレシピ話に…

[ 2018年4月24日 00:00 ]

怖くておいしい?CMに出演する加藤諒
Photo By 提供写真

 怪談でおなじみのタレント稲川淳二(70)がアルコール飲料の新WEBムービーに出演。新感覚ホラー動画に挑戦した。

 「キリン氷結 赤い台所」で、俳優・加藤諒(28)が演じる男性が帰宅する場面からスタート。誰もいないはずの台所から怪しい音が聞こえ、ドアを開けてのぞくと…知らない女が立っており、包丁で何かを切り刻んでいる気味悪いホラーな画面に。

 稲川は「包丁でザクッ、ザクッ」「コボコボコボ…」など背筋が凍る言葉を続けるが、途中から「シュワシュワシュワ〜」と、おいしそうな言葉も。本格的な怪談話が途中からレシピ紹介になる“違和感が面白い”作品だ。

 撮影を振り返った稲川は「レシピを怪談風に話すのは私自身、初の試みでした。撮影前は“大丈夫かな〜、大丈夫かな〜”という不安もありましたが、撮影を進めていくうちにノッてきましてね(笑い)。新たな扉を開けたかな、という感じです。今後もいろいろなことに挑戦できたらいいですね」とコメント。

 加藤は「ホラー映画が好きでDVDをよく見るのですが、稲川さんの語りとともにお芝居をさせていただくという、とてもぜいたくな時間を過ごさせていただきました」と稲川との共演を喜んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月23日のニュース