ナイナイ岡村 最終回で涙「めちゃイケは僕の青春でした」22年間の歴史に幕

[ 2018年3月31日 23:14 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 フジテレビの長寿バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)の最終回が3月31日午後6時半から5時間10分スペシャルとして放送され、22年間の歴史に幕を下ろした。

 「めちゃイケ」は前身番組「めちゃ×2モテたいッ!」から数えて22年。斬新なコントや体を張った企画を送り出し、「爆烈お父さん」「めちゃ日本女子プロレス」などが若者に人気に。04年10月の「8周年記念スペシャル」は歴代最高の視聴率33・2%を記録した。

 最終回は過去の人気企画を扱い、「めちゃ日本女子プロレス」や人気コーナー「七人のしりとり侍」が復活した。スペシャルなどで番組を盛り上げた豪華ゲストも出演。元SMAPの中居正広は、ほぼ全裸になりアキラ100%ばりの裸芸を披露。ビートたけしは“熱湯風呂”で身体を張った企画に参加。最終回を盛り上げた。

 番組終盤、ナインティナインの岡村隆史(46)の仮想結婚式でスピーチをするという形でレギュラーメンバーが思いを告白。

 岡村は涙を流しながらメンバーとスタッフに感謝の思いを述べてから「なにより22年間めちゃイケをかわいがってくださったお茶の間の皆さん本当にありがとうございました。恥ずかしいのですが、めちゃイケは僕の青春でした。本当にありがとうございました」とあいさつした。

 エンディングは番組卒業証書を受け取ったメンバー全員が砂浜を駆けていき、ドッキリ落とし穴にハマる“オチ”で終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月31日のニュース