徳永ゆうき 紘毅と息ピッタリ「どの花?」「此花や!」

[ 2018年3月31日 14:37 ]

大阪市内で舞台あいさつした紘毅(右)と徳永ゆうき
Photo By スポニチ

 演歌歌手の徳永ゆうき(23)が31日、大阪・十三の第七芸術劇場で主演映画「バケツと僕!」(監督石田和彦)の公開初日あいさつを行った。

 地元・大阪だけに両親や親戚が客席に駆けつけ、「恥ずかしい」と照れた。前日から実家で過ごし事を明かすと、ダブル主演を務めたシンガー・ソングライター紘毅(32)から場所を「どの花?」と問われ「此花(区)や!覚えて?」とクレーム。「USJありますから」と此花区自慢を始めたが、「銀行ですか」とボケる紘毅に「それはUFJや!」と、漫才コンビのような掛け合いとなり苦笑いした。

 紘毅とは本作を機にユニット「ひろきゆうき」を結成。この日はカバー曲「白い雲のように」を歌った。間奏中になぜか「にゃんこスター」の踊りなどをまねて、紘毅に「踊りがダセェ…見た事あるやつだし」と言われた。さらに「皆さん今日は阪急電車で来たんでしょ?」と、得意の“構内アナウンスものまね”も披露。芸達者ぶりで沸かせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月31日のニュース