シンデレラが魔女に!福本莉子、初舞台・初主演「魔女の宅急便」キキ役

[ 2018年3月31日 09:00 ]

ミュージカル「魔女の宅急便」にキキ役で主演する福本莉子
Photo By 提供写真

 2016年のオーディション「第8回東宝シンデレラ」でグランプリに輝いた女優の福本莉子(17)が、ミュージカル「魔女の宅急便」にキキ役で主演する。シンデレラからキュートな魔女へと変貌を遂げる。

 児童文学作家・角野栄子さんによる、新米魔女の成長物語。89年にスタジオジブリの宮崎駿監督の手でアニメ映画化され大ヒットした。そんな名作のミュージカルで、初舞台・初主演という大役に挑む福本。宣伝用の写真撮影で初めて衣装に袖を通し「魔女になったような気持ちになれた」と笑みを浮かべた。

 運命的な出合いだった。人生で初めて見たミュージカルが、昨年の「魔女の宅急便」。「まさか自分がやるとは」と正直に語りながら「自分なりの新しいキキを生み出せたら」と意気込む。既に演技や歌、発声法の稽古中。上達を見せている一方、まだまだ課題も多くある。「たくさんお稽古をして、緊張と不安をはねのけられるくらいに成長して舞台に立ちたい」と気合十分だ。

 空を飛ぶことに憧れる相手役の少年・トンボは、関西ジャニーズJr.の大西流星(16)が務める。大西も空を飛ぶことに憧れていたそうで、ピッタリの配役。「街のみんなに愛されているトンボと同じように、可愛がっていただける自分なりのトンボを表現したい」と話した。

 6月15〜24日に東京・初台の新国立劇場中劇場で上演。

 ◆福本 莉子(ふくもと・りこ)2000年(平12)11月25日生まれ、大阪府出身の17歳。NHK・Eテレの高校講座「物理基礎」に出演中。5月公開の映画「のみとり侍」で銀幕デビュー。趣味はサッカー、ピアノ。1メートル56、血液型B。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月31日のニュース