長野美郷「めざましどようび」卒業 目潤ませ「抱えきれないくらいの思い出を…」

[ 2018年3月31日 08:31 ]

「めざましどようび」を卒業した長野美郷
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの長野美郷(31)が31日、自身がキャスターを務めたフジテレビ系情報番組「めざましどようび」(土曜前6・00)を卒業した。

 上智大を卒業後、09年3月に同局「めざましテレビ」の5代目お天気キャスターとしてデビュー。その後、同局「めざましテレビ アクア」などを担当し、14年4月から同番組のメーンキャンスターを務めてきた。

 これまでの活躍をVTRで振り返り「出演者やスタッフのみなさんが仲が良くて、毎週楽しみにスタジオに来させていただきました」としみじみ。つづけて「4年間お世話になりました。演者のみなさん、スタッフ、視聴者のみなさんのおかげでここまでやってこられました」と感謝の思いを口にした。

 愛らしい笑顔で爽やかに、分かりやすく情報を伝えるアナウンサーとして親しまれてきた。共演する同局の西山喜久恵(48)、佐野瑞樹(46)両アナウンサーから「太陽のようでした」と労われると、目を潤ませながら「いろいろな経験や思い出をたくさんいただきました。その思い出を抱えきれないくらいなんですけど、抱えながら卒業したいと思います」。最後は「ありがとうございました」と深々と頭を下げて締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月31日のニュース