滝沢カレン「言葉の選択が脅威」と感じる男性芸人とは?「文字が踊っている」

[ 2018年3月20日 13:20 ]

モデルでタレントの滝沢カレン
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの滝沢カレン(25)が19日放送の日本テレビ「しゃべくり007 2時間SP」(後9・00)に出演。「言葉のチョイスが脅威」な人として男性お笑いタレントの名を挙げ「この人の感性は脅威」とほめちぎった。

 四字熟語であだ名を付けるなど独特な言葉のセンスで有名な滝沢だが、ある人物を「選ぶ言葉の一言一言に、文字が踊っているように見える。言葉を発するとパンパンパンって。この人の感性を脅威に思っています」と絶賛した。その人は、お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬(44)。スタジオに登場した小沢が「『感性が…』と言っていただきましたけど、感性はいくらあっても荷物になりませんから」と詩的な言葉を繰り出すと、滝沢は「最高だ」と手を叩いて大喜びした。

 独特な世界をもつ小沢の感性へのあこがれはあるものの、恋愛感情は「最初からまったくない。人間として好き」。そんな滝沢に、小沢が「分かりますよ。俺も夏が好きですけど、夏とは恋愛しないじゃないですか」と応えると「やっぱり、すごいと思います」と感嘆し、“ワールド”に心酔している様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年3月20日のニュース