ヒルクライムDJ執行猶予3年…大麻逮捕の斎藤桂広被告、グループ脱退

[ 2018年3月20日 05:30 ]

「Hilcrhyme(ヒルクライム)」のDJ KATSUこと斉藤桂広容疑者
Photo By スポニチ

 ヒップホップユニット「Hilcrhyme(ヒルクライム)」でDJ KATSUとして活動し、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた斎藤桂広被告(38)に対し、静岡地裁は19日、懲役8月、執行猶予3年(求刑懲役8月)を言い渡した。

 斎藤被告は黒いスーツで入廷。視線を落とさず一点を見つめ続け、杉田薫裁判官の問いかけには、全て「はい」とだけ応じた。閉廷後は乗用車に乗り込み、無言で立ち去った。

 杉田裁判官は「平成28年4月以降、週4度の大麻使用が認められる時期があったことは軽視できないが、兄の監督や知人の支援に加え、本人も使用しないと言っていることはしん酌する」と述べた。斎藤被告は19日付でヒルクライムを脱退した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年3月20日のニュース