6・16AKB総選挙に“海外組”参戦 10度目開催を記念して初

[ 2018年3月20日 06:06 ]

昨年のAKB総選挙では須藤凜々花の“結婚宣言”が飛び出し…
Photo By スポニチ

 6月16日のAKB48総選挙(開催地未定)に、初めて海外の姉妹グループのメンバーが参戦することが19日、発表された。

 10回目の開催を記念して「世界選抜総選挙」として実施。現在、海外メンバーはインドネシア・ジャカルタのJKT、タイ・バンコクのBNK、台湾・台北のTPEの計約120人。国内メンバーと同様に今月23日から27日まで立候補を受け付ける。昨年以上の激闘になるのは必至だ。

 選挙に向けた新曲(5月30日発売)の選抜メンバー28人も発表。初めてセンターを務める新星・小栗有以(16)は「まだまだ未熟なので、心配する方もいらっしゃるでしょうが、センターとして認められるように頑張りたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年3月20日のニュース