チュニキャン 音楽界で“金”だ、地元・沖縄でデビュー曲披露

[ 2018年2月19日 05:30 ]

地元の沖縄県でデビュー曲お披露目イベントを行ったチューニングキャンディー(左から)琴音、千夏、ソフィー、LILI、ゆうり、優美香、愛子は早くも満開のヒカンザクラを背にジャンプ
Photo By 提供写真

 来月21日にデビューする沖縄県発の新人7人組女性ユニット「チューニングキャンディー」が18日、地元の沖縄県那覇市でデビュー曲「Dance with me」お披露目イベントを行った。

 それぞれ県内でタレントとして活躍していたメンバーが結集した「沖縄の神7」。ファン500人が集まる中、若々しいパフォーマンスを見せた。

 平均年齢16歳で将棋の藤井聡太六段(15)と同じ中学3年のメンバーが3人。そのうちの一人、愛子(15)は「私たちも負けずに、ダンス&ボーカルの名人になる」と力を込めた。幼稚園から小学5年までフィギュアスケートを習い小学2年時には九州大会3位の経験がある千夏(16)は「表現力が段違い。私もダンス面で見習って、音楽界で金メダルを獲りたい」と野望を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年2月19日のニュース