“国民的”声優ユニット「アース・スター ドリーム」年内で活動休止…6人中3人が卒業

[ 2017年12月16日 12:35 ]

 2014年の「国民的声優グランプリ」の受賞者で構成される女性6人組の声優アイドルユニット「アース・スター ドリーム」が今年いっぱいで活動を休止することを15日、公式サイトで発表した。

 メンバーは高尾奏音(15)小出ひかる(18)曽我部英理(22)のほか、中島由貴(20)が10月に、愛原ありさ(22)と谷尻まりあ(23)が前日14日に、12月いっぱいでユニットを卒業することを発表したばかり。公式サイトは「メンバーとの話し合いの結果、アース・スター ドリームは12月末日をもって活動休止させていただくこととなりました。ファンの皆様には、急なお知らせとなり大変申し訳ございません」と報告し、謝罪した。

 15年、テレビアニメ「てーきゅう」6期の主題歌「とってもサファリ」でメジャーデビュー。 今月29日に「アース・スター ドリーム活動休止ライブ」を国立音楽院で行う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年12月16日のニュース