HKT短編映画48本 宮脇咲良 撮影は「心を開いたところで終わった」

[ 2017年12月16日 10:20 ]

特別試写会に出席した清水崇監督(左)とHKT48の宮脇咲良(右)
Photo By スポニチ

 HKT48のメンバー48人を主人公とした短編映画48本の特別試写会が15日、都内で行われた。

 宮脇咲良(19)は大ヒットホラー映画「呪怨」で知られる清水崇監督(45)のホラーサスペンスに主演。「私は人見知りするので撮影は緊張しました。ちょっとずつ心を開いていったところで終わった」と笑った。

 48本はHKTの初アルバム「092」(27日発売)に特典映像として収録される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年12月16日のニュース