船越英一郎、松居への民事訴訟取り下げ…誹謗中傷しないとの約束受け

[ 2017年12月16日 08:15 ]

俳優の船越英一郎
Photo By スポニチ

 船越英一郎(57)が松居一代(60)をプライバシー侵害で訴えた民事訴訟を取り下げていたことが分かった。

 関係者によると、13日の第2回調停で、松居が船越への誹謗(ひぼう)中傷を「二度としない」と約束。これを受け、船越は同日、提訴を取り下げた。

 船越と親しい知人は「船越さんは本来、松居さんと法廷で争うのは息子さんのためによくないと思っていた。周囲の“被害者本人が訴えた方がいい”という説得によって苦渋の決断をしたけど、松居さんが“しない”と約束してくれたことで訴えを撤回した」と明かした。

 実際に松居はこの日の会見で「船越さんは不倫をしたと思っているか?」と2回聞かれたが、答えなかった。関係者は「誹謗中傷に当たる表現を避けて“大嫌い”程度の言葉しか使わなかったのだろう」と説明した。

 一方で、船越の所属事務所が松居に対し、名誉毀損(きそん)や業務妨害で損害賠償300万円を求めた訴訟は継続される。松居は「まだ一つの戦いがあります。悔いのない戦いをしたいと思います」と強く臨む覚悟を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2017年12月16日のニュース