清水良太郎被告「私は腐った人間」 初公判で父の姿回想し号泣

[ 2017年12月16日 05:30 ]

清水良太郎被告
Photo By スポニチ

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われている元タレント、清水良太郎被告(29)の初公判が15日、東京地裁で開かれ、起訴内容を認めた。

 黒のスーツの下に灰色のニットを着込み、ノーネクタイで入廷。検察は冒頭陳述で、違法カジノへの出入りによる謹慎生活中だった今年5月、覚醒剤を知人に勧められ月に7回程度、ガラスパイプで吸引したと指摘した。

 弁護人質問では、10月末に勾留先の目白署を訪れ父でタレントの清水アキラ(63)から、保釈を認めないと通達されたときの様子を説明。「娘の誕生日前にどうしても、とお願いしたが“祝ってやれないのは誰のせいだ”と言われ、言い返せなかった」と話し、「見たことないくらい父が崩れるように泣いた」と述べると、しゃくり上げて泣いた。

 「私は本当に腐った人間。世の中、家族、環境…いろんなものに甘えた結果、覚醒剤に手を出した。“バレなきゃいいや”という、ズルい人間でした」と自省の念を口にした。

 使用したきっかけについて、7月に予定していた復帰ライブに向けて曲作りの必要に迫られたことを挙げ「歌を作っている方の間で(覚醒剤を使うと)はかどる、歌詞が書けるという噂があり、そういうニュースもあったので」と説明。ただ、「実際にうまく書けたか」と聞かれると「全然書けなかったです」と力なく答えた。また拘置所での心掛けを聞かれ「絶対に昼寝をしないと誓い、生活していた」と真剣な口調で語り、報道陣が苦笑いする場面もあった。

 この日は兄で元所属事務所社長の友人(ともひと)氏が証人出廷したが、アキラは姿を見せず。友人氏は「私用で終日外出」と説明した。代理人によるとアキラに証人としての出廷要請はなかった。

 裁判は即日結審し、検察側は懲役1年6月を求刑。弁護側は情状面から執行猶予付きの判決を求めた。判決は22日に言い渡される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2017年12月16日のニュース