ローソン店員から歌手に 眞白桃々さんがグランプリ「世界で活躍したい」

[ 2017年2月19日 18:16 ]

「ローソンドリームアーティストオーディション」最終審査会でグランプリを受賞した眞白桃々さん
Photo By スポニチ

 全国20万人のローソンクルー中から歌手になる夢を応援する「ローソンドリームアーティストオーディション」最終審査会が19日、都内で開催され宮城県出身の眞白桃々さん(22)がグランプリに輝いた。

 11人のファイナリストからグランプリに選ばれると眞白さんは「まさかグランプリを獲れるとは思わなかったので、うれしい」と戸惑いながらも笑顔。眞白さんは審査員も務めた中田ヤスタカ(37)プロデュースでこの春メジャーデビュー。「日本だけじゃなく世界でも活躍できるアーティストになるのが夢だったので叶えられるようにがんばります」と意気込んだ。

 歌手としての活動が忙しくなり、ローソンで働く時間がなくなることに関しては「さびしい」と語っていた。そのほか、ローソン特別賞には兵庫県出身の白井かなさん(25)、審査員特別賞には東京都出身の加世堂愛さん(19)、兵庫県出身の森賓桜子さん(24)、東京都出身の高橋リサさん(17)の3人が選ばれた。イベントには応援団として三戸なつめ(26)、舟山久美子(25)、ゆうたろう(18)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年2月19日のニュース