山川豊 兄鳥羽一郎の師、船村徹さん悼む「励まされる曲ばかりでした」

[ 2017年2月19日 19:30 ]

長良グループ演歌まつりを行った(左から)氷川きよし、山川豊、田川寿美、水森かおり
Photo By スポニチ

 歌手の山川豊(58)、田川寿美(41)、水森かおり(43)、氷川きよし(39)が19日、東京・渋谷のNHKホールで行われた「長良グループ 演歌まつり2017」に出演。それぞれのヒット曲など27曲を披露した。

 今年で10年目を迎え、4月16日には沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで「演歌まつり」を開催する。氷川が「みんなで『ハイサイおじさん』を歌いましょう」と意気込むと、山川は「志村けんさんの歌?」と“変なおじさん”と間違えるボケをかまして笑いを誘った。

 また、16日に亡くなった作曲家の船村徹さんに師事した鳥羽一郎(64)を兄に持つ山川は「本当に残念。兄貴からも電話があって落ち込んでいた」としんみり。「いろんな作品を世に出していただいて、聞く人が頑張ろうという気になったり、励まされたり、生活に入り込んでいる曲ばかりでした。僕も何回かお話したことがあります。残念です」と悼んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年2月19日のニュース