生田斗真トランスジェンダー役映画 ベルリン映画祭で審査員特別賞

[ 2017年2月19日 05:30 ]

ベルリン国際映画祭で「テディ賞」の審査員特別賞を受賞した荻上直子監督
Photo By スポニチ

 第67回ベルリン国際映画祭で17日(日本時間18日)、生田斗真(32)がトランスジェンダー役で主演する映画「彼らが本気で編むときは、」が、LGBT(性的少数者)を題材にした映画の中から選ばれる「テディ賞」の審査員特別賞を受賞した。

 授賞式には荻上直子監督が出席。「ダンケ・シェーン!(ありがとう)」とドイツ語で感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年2月19日のニュース