ジミー大西 突然死のリスク大…医師が警告「本当にやばかった」

[ 2017年2月19日 09:30 ]

検診を受け、不安な表情を浮かべるジミー大西(C)TBS
Photo By 提供写真

 タレントのジミー大西(53)が20日に放送されるTBS「今夜解決!噂の健康術 名医のTHE太鼓判!」(後7・00)に出演。老若男女そろえたゲスト9人のうち最も突然死しやすい人として医師から警告された。

 俳優の中尾彬(74)、お笑いコンビ「サバンナ」、フリーアナの川田裕美(33)ら出演者全員の体を事前に徹底調査。ジミーは大病を患ったことはなく、医療系の番組も初出演だったが、「突然死しやすい人」のコーナーでダントツ1位だった。

 善玉コレステロールがの数値が低く悪玉コレステロールが高いことから心筋梗塞のリスクが高く、さらに心臓の冠動脈が狭く、首の頸動脈(けいどうみゃく)にはこぶがあった。脳梗塞のリスクも抱えており、医師達が「今回、検査をしていなかったら本当にやばかった」と口をそろえるほど。

 ジミーのプライベートを調査してみると、喫煙歴30年以上で1日40本以上吸うヘビースモーカーであることと暴飲暴食、不規則な生活が原因。たばこをやめるように勧められたが「(収録が行われた11日からではなくオンエア日の)20日からやめます」と小さな抵抗をしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年2月19日のニュース