フェアリーズ 5人になって初ステージ、伊藤萌々香「新たなスタート地点」

[ 2017年2月19日 22:00 ]

熱唱するフェアリーズの(左から)野元空、井上理香子、伊藤萌々香、下村実生、林田真尋
Photo By 提供写真

 女性ユニット「フェアリーズ」が19日、東京・青海のZepp Tokyoで公演した。1月に藤田みりあ(18)が脱退してから初のステージ。伊藤萌々香(19)は「5人になって初のライブ。新たなフェアリーズのスタート地点だと思っています」と位置づけ、昼夜2回の公演に臨んだ。

 本格的なダンスが評判を呼び、10〜20代の同世代の女性ファンを増やしている。時にキュートに、セクシーに、ハードに踊ってみせ、ヒット曲「クロスロード」や新曲「Synchronized〜シンクロ〜」(3月1日発売)など18曲を披露。5月にライブツアーを開催することも発表した。野元空(19)は「これからも5人で突っ走っていきます」と、新体制での活躍を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年2月19日のニュース