麻央 がん公表後初めて海老蔵の舞台観劇「励み頂きました」

[ 2017年2月19日 05:30 ]

フリーアナウンサー・小林麻央
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの小林麻央(34)が18日、東京・EXシアター六本木で、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が主演する舞台「六本木歌舞伎 第二弾 座頭市」を観劇した。麻央が海老蔵の舞台に足を運んだのは昨年6月にがんを公表して以降、初めて。

 麻央は正午からの「昼の部」をマスク姿で観劇した。関係者によると、周囲にも笑顔を見せて元気な様子だったという。

 麻央はこの日、自身のブログを更新。「元の生活へ復帰するまでは、と観劇を控えてきた」と1年以上も舞台から離れていた理由を明かしたが「今日は体調も良く、主人もすすめてくれたので、思い切って」とつづった。観劇は闘病生活の良薬となったようで「励みを頂きました。今日もいい日になりました」という言葉で文章を締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年2月19日のニュース