「この世界の片隅に」で監督賞 片渕監督、アニメで届けた“反戦”

[ 2017年1月26日 05:30 ]

第59回ブルーリボン賞・監督賞

監督賞を受賞した片渕須直監督
Photo By スポニチ

 「この世界の片隅に」の片渕須直監督(56)が、アニメーション監督で初めて監督賞を受賞。「実写映画を見る方に届くようにしたいと思っていたので、多くの方に届く道筋を付けていただいた」と感謝した。

 戦時中に広島・呉で過ごしたすずの物語。すずの声を務めた女優のん(23)も絶賛され、昨年11月に63館で公開されたが現在は190館に拡大。興収も15億円に上る。

 製作資金の一部をインターネットのクラウドファンディングで集め、戦争を経験した両親や祖父母の名前での応募もあり「この映画は戦争中を生きてきた皆さんの人生や存在と切り離せないものだったと改めて思います」としみじみと話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年1月26日のニュース