南キャン山里、中居の尋常じゃない“気配り”に応えられず「後悔してる」

[ 2016年12月28日 11:16 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(39)が27日放送のTBSラジオ「たまむすび」(月から金曜後1・00)に生出演。年内に解散する「SMAP」の中居正広(44)が番組共演者に見せる愛情について触れ、その義理堅さを「尋常じゃない」と力説した。

 日本テレビ系「ナカイの窓」で中居と共演している山里だが、SMAPのライブにはこれまで一度も行ったことがなかったという。「俺、SMAPは一生あるものだと思っていたから」と山里。初めて公演に行くチャンスもあったが、それでも仕事の都合で足を運ぶことができず「すごく後悔している」とポツリ。

 というのも、その公演では中居が舞台上で山里の名前を出してイジってくれたのだという。「中居さん、すごく義理堅いというか。一緒に仕事してる人に対して、愛が凄い」とし「中居さんが、俺が来るかもしれないって。舞台上でそういう感じのイジリ方を入れてくれていたとしたら。あの人、気配りが尋常じゃないから」と、山里が会場にいることを想定しての気遣いに感謝。「あの日に行けなかったことをすごく後悔している」と再び嘆くと、パーソナリティーの赤江珠緒アナウンサー(41)からは「その十字架を背負っていきなさいよ」と言葉を投げ掛けられていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年12月28日のニュース