内館牧子氏「女優にはなれない」 盛岡文士劇を東京で再演も…

[ 2016年12月28日 05:30 ]

「盛岡文士劇」東京公演の取材会に出席した(左から)平野啓一郎氏、ロバート・キャンベル氏、内館牧子氏、井沢元彦氏、金田一秀穂氏
Photo By スポニチ

 脚本家の内館牧子氏(68)が27日、都内で「盛岡文士劇東京公演」(来年1月28、29日、東京・紀伊国屋ホール)の取材会を行った。

 作家による素人芝居で、盛岡劇場で行われた公演を東京で再演する。内館氏は「(脚本を)自分が書くときは長いせりふをよく使う。自分でやるとなると覚えるのが大変で、女優にはなれないと思った」と話した。井沢元彦氏(62)らが共演。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年12月28日のニュース