「スター・ウォーズ」レイア姫役キャリー・フィッシャーさん死去

[ 2016年12月28日 05:36 ]

 人気映画「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫役で知られる米女優キャリー・フィッシャーさんが27日、ロサンゼルスで死去した。60歳。米メディアが伝えた。23日、ロサンゼルスに向かう航空機内で体調を崩して救急搬送され、入院していた。詳しい死因は伝えられていない。

 西部ビバリーヒルズ生まれ。1977年開始の同シリーズ第1〜3作で主人公の双子の妹レイア姫を演じ、人気女優となった。「ハンナとその姉妹」(86年)などに出演。

 薬物依存と精神疾患に苦しんだ時期があり、体験を赤裸々につづった自伝的小説はベストセラーに。「ハリウッドにくちづけ」(90年)として映画化された。

 スター・ウォーズ第3作から約30年後という設定で製作され、昨年公開された「フォースの覚醒」にも同じレイア姫として出演。話題となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年12月28日のニュース