高畑充希に松岡茉優…16年ブレーク女優は朝ドラ出身が躍進

[ 2016年12月28日 09:30 ]

女優の高畑充希(左)と松岡茉優
Photo By スポニチ

 今年も生きのいい女優が次々とブレーク。中でも高畑充希(25)、松岡茉優(21)を始めとした朝ドラ出身者の躍進が目立った。

 高畑はヒロインを務めた「とと姉ちゃん」(16年度上半期)が平均視聴率22・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、今世紀3位の数字マーク。4月から朝ドラの主演を務めながら、1月期のフジテレビ月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」でメインキャストを務めた他、6月公開の主演映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」もヒット。9月公開「怒り」、12月公開「アズミ・ハルコは行方不明」と、話題作に次々と出演した。「とと姉ちゃん」出演女優は高畑だけでなく、ドラマ、映画、舞台で活躍を見せた川栄李奈(21)や、TBSの大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」出演の真野恵里菜(25)も存在感を見せた。

 「あまちゃん」(13年度上半期)でアイドルグループ「GMT47」のリーダー・入間しおり役を務めた松岡は、4月期テレビ東京の「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」、6月期のNHK「水族館ガール」と連ドラ2本で主演。初のNHK大河ドラマ出演となった「真田丸」では、真田幸村(堺雅人)の正室・春役を務めた。フジテレビ「FNS27時間テレビ」、「笑わせたもん勝ちトーナメント」でMCの一員を務めるなど、バラエティーでも重宝された。

 「あさが来た」(15年度下半期)主演の波瑠(25)は、朝ドラが終わった直後の4月期にフジテレビ「世界一難しい恋」にヒロインとして出演。続く7月期にはフジテレビ系「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」主演とハードスケジュールをこなした。「あさが来た」出身組だと吉岡里帆(23)が連ドラ3本に出演し、「ゼクシィ」や「実況パワフルプロ野球」などCMでも存在感を増した。

 「まれ」(15年度上半期)主演の土屋太鳳(21)も、朝ドラ出演後引っ張りだこ。今年公開の出演映画は主演作含む2本、民放地上波の連ドラでは2作品でヒロイン役に。TBS「オールスター感謝祭2016秋」では赤坂5丁目ミニマラソンの激走が話題を呼んだ。「まれ」組は清水富美加(22)も連ドラ3本出演に加え、フジテレビ系のバラエティー番組「にじいろジーン」のレギュラーに抜てきされ活躍の幅を広げた。

 現在放送中の「べっぴんさん」も、主演の芳根京子(19)はもちろん、蓮佛美沙子(25)や谷村美月(26)、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」百田夏菜子(22)ら若手女優が好演。朝ドラ出演を機に、来年さらに活躍の場を広げていきそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年12月28日のニュース