海外でもSMAPロス 台湾、韓国でもスマスマ最終回を報道

[ 2016年12月28日 05:30 ]

 SMAP人気の高い東アジアでも「SMAPロス」に陥った。台湾の新聞大手「自由時報」電子版は「悲しむファンに別れ」「最後に歌った一つだけの花で、ファンの涙を誘った」などと報道。韓国メディアも「SMAPの歴史に終止符」などと報じた。

 また、在日中国大使館(東京)の張梅参事官(広報担当)は27日の定例会見で、SMAPが11年に温家宝首相(当時)と面会し、北京公演を実現させたことに触れ、「中国でも若者を中心にSMAPのファンは多い。日中の交流に尽くした貢献に感謝する」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年12月28日のニュース