長友佑都&平愛梨 来年1・29結婚!イブ婚約会見 プロポーズは「俺についてきて」

[ 2016年12月24日 12:44 ]

婚約会見で2人でアモーレポーズを取って、笑顔を見せる長友佑都(左)と平愛梨
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表のDF長友佑都(30=インテル・ミラノ)とかねて真剣交際中の女優・平愛梨(32)が24日、都内のホテルで婚約会見を開き、「私、長友佑都と平愛梨は(来年)1月29日に入籍します」と来年1月に婚姻届を提出することを報告した。

 「2人揃って会見できるのが年末しかないということで、2人の口からご報告したい。たくさんの人に支えられたので、感謝の気持ちを持って会見させていただきたい」とあいさつした長友は、今の気持ちを聞かれ「幸せです」と満面の笑み。平も「今日という日を迎えられて、心からうれしい」と話し、男らしくあいさつした長友を見て「男前です」と惚れ直した様子だった。

 初めて会った時の印象を聞かれると「キレイな人。人に気遣いができる人」(長友)「こんなに笑う人なのか。すごく素敵な方だと思いました」(平)とノロけた。平は、長友の拠点となっているイタリアへの移住については「1月末に仕事をセーブして、時期を見て行きます。引退ではなく、ご縁があったらお仕事させていただきたい」と語った。挙式、披露宴について、長友は「5月あたりにできたらいいな、と思ってます」と話した。

 会見の冒頭には2人の軌跡と今年2月に長友が平をスタジアムに呼んで、指輪を渡す感動的なVTRが流れた。プロポーズは「俺についてきてほしい。結婚してください」と告げたといい、平は「もちろん!大喜び」と返したことを告白。指輪は「イタリア・ミラノのお店でハートの形で作った特注のもの」と明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年12月24日のニュース