三代目JSB「とても悲しい」PKCZの事故に沈痛

[ 2016年12月24日 09:35 ]

「三代目J Soul Brothers」(左から)岩田剛典、NAOTO、小林直己、登坂広臣、ELLY、今市隆二、山下健二郎。
Photo By スポニチ

 「三代目 J Soul Brothers」が24、25日に北海道・札幌ドームで予定していた全国ツアー「METROPOLIZ」の札幌公演が、出演予定だったMAKIDAI(41)らのユニット「PKCZ(R)」メンバーらが自動車事故に遭い、開催が困難になったため中止。「三代目…」メンバーはグループの公式サイトで「とても悲しい。彼らがいない状況では僕らのライブも成立しない」とのコメントを発表した。

 公式サイトでは「昨夜、悪天候の中を本日のライブのためにPKCZ(R)メンバーの3人が函館から札幌に向かう途中で交通事故に遭いました」と改めて事故を報告。「僕らの仲間でありライブには欠かせないPKCZ(R)のメンバーがこのような状況になってしまったことはとても悲しいことです」と大きなショックを受けたことを伝えた。

 続けて「彼らがいない状況では僕らのライブも成立しない状況であるとともに、仲間であるPKCZ(R)メンバーが怪我をしていることを想うと、僕らとしてもライブ開催するのは難しいことだと感じています。とても残念な事ではありますが札幌公演の中止を決定させていただきました」と経緯を説明した。

 ファンへ向けては「札幌公演を楽しみにお待ちいただいていた多くの皆様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、札幌での振替公演を開催できるように最善を尽くしますので、何卒ご理解いただければと思います。そして何よりもPKCZ(R)メンバーの一日も早い怪我の回復を祈っていただければ幸いです」と呼びかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年12月24日のニュース