SMAP存続署名37万筆提出 事務所「メンバーに必ず届けます」

[ 2016年12月12日 05:30 ]

 年内で解散するSMAPの存続を要望する署名約37万筆が11日、SMAPが所属するジャニーズ事務所側に提出された。同事務所は署名を受理し、「皆さまの想(おも)いをSMAPのメンバーにも必ず届けますことを、ここにお約束します」などとする文書を手渡した。

 署名を提出したのは、SMAPのファン約70人が集まる「5☆SMILE(ファイブスマイル)」事務局。今年9月に署名を集めるために結成された。インターネットなどを通じて署名を呼び掛け、10月31日までに全国各地や海外から37万3515筆が集まった。この日、同事務局の代表者が東京・渋谷のジャニーズファミリークラブを訪れ、署名を提出した。

 ジャニーズ側の文書では「存続に向けた活動の方向性をメンバーへ提案してまいりましたが、本人たちの強い意志を崩すまでに至らず、グループ存続が困難であるということを、苦渋の決断で受け入れた次第です」と、経緯を改めて説明している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月12日のニュース