モー娘。に2人加入 研究生わずか3カ月と4年かかった苦労人

[ 2016年12月12日 21:00 ]

「モーニング娘。’16」の新メンバーの加賀楓(左)と横山玲奈
Photo By スポニチ

 「モーニング娘。」に新メンバーとして加賀楓(17)、横山玲奈(15)が加入することが12日、東京・日本武道館で行われた全国ツアーの千秋楽で発表された。一般公募によるオーディションからは該当者がなく、ともに「ハロー!プロジェクト」の研修生から昇格。来年1月2日のハロプロコンサートから、2人を加えた「モーニング娘。’17」として本格的に活動を始める。

 横山は今年9月に研究生になったばかりで、わずか3カ月での抜てき。黒髪のロングヘアーと八重歯が印象的な埼玉県出身の高校1年生で、リーダーの譜久村聖(20)に名前を読み上げられ舞台上に立つと「長所と個性をたくさん出して頑張りたいと思います!」と満面の笑み。

 一方の加賀は、ショートカットとりりしい目元が際立つ高校2年生。12年12月から研究生になり4年間デビューを目指してきた苦労人だ。後輩の研究生が他のグループで続々デビューしていくのを目の当たりにしていたからか、ステージに上がってメンバーと並んだ瞬間、思わず涙を流した。「新メンバーとして、一から努力して先輩をどんどん追い抜けるよう頑張ります」と話した。

 剣道が得意で「試合で武道館に来たことがあります」という加賀は、ステージで「メ~~ン!!」のかけ声とともに本格的な素振りを披露。「幼稚園からジャズダンスをやっている」という横山はファンの手拍子を受けながらキレのある踊りを披露し、大きな歓声を受けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月12日のニュース