坂口健太郎 熱愛報道後初の公の場、交際質問には無言

[ 2016年12月12日 19:17 ]

映画「君と100回目の恋」完成披露舞台あいさつに登壇した坂口健太郎
Photo By スポニチ

 俳優の坂口健太郎(25)が12日、都内で行われた映画「君と100回目の恋」(2017年2月4日全国公開、監督月川翔)の完成披露舞台あいさつに、miwa(26)、竜星涼(23)、真野恵里菜(25)、泉澤祐希(23)、月川翔監督(34)とともに登壇した。

 女優の高畑充希(24)との熱愛を女性誌で報じられて以降、初の公の場となった坂口は、舞台あいさつ終了後に報道陣から「交際は事実?」などと声をかけられたが、大音量のBGMと大歓声にかき消され、無言のまま会場をあとにした。

 高畑は3日、都内で行われた映画「アズミ・ハルコは行方不明」の初日舞台あいさつ後に劇場外で報道陣の問いかけに応じ、「交際は事実?」と聞かれると「うーん、内緒です!」と笑顔ではぐらかしていた。双方の事務所は交際を否定している。

 同作は、大学生の葵海(miwa)を事故から救うため、幼なじみの陸(坂口)がすべてをかけて何度もタイムリープする物語。彼女の運命を変えるために100回人生を捧げようとした一途な男子を坂口が、彼の1回の未来を守るために自分の運命を決めた切なさと強さを併せ持つ彼女をmiwaが演じる。

 坂口は、同映画について「最初に見たときに恋をしてほしいなって思ったんです。今、お相手がいる方は、今いるということはすごいことだと僕は感じたので大事にしてほしいです」と吐露し、「恋をしたくなったり、バンドをしたくなったり、いろんな気持ちになれる作品がようやく見ていただけるのは楽しみです」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月12日のニュース