東出昌大 前作から10年…観客の顔見て「肩の荷が下りました」

[ 2016年10月30日 05:30 ]

映画「DEATH NOTE」初日舞台あいさつをした(左から)菅田将暉、東出昌大、池松壮亮、佐藤信介監督
Photo By スポニチ

 俳優の東出昌大(28)が29日、都内で主演映画「デスノート Light up the NEW world」(監督佐藤信介)の初日舞台あいさつを行った。

 ハロウィーンにちなみ、共演の池松壮亮(26)らと観客にあめを配りながら登壇。藤原竜也(34)、松山ケンイチ(31)らが出演した実写版映画から10年。ヒット作を主演として受け継ぐプレッシャーもあったが「(観賞後の)皆さんのお顔を見て肩の荷が下りました」とホッとした表情を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月30日のニュース