宮沢りえ 主演映画舞台あいさつ V6森田との交際質問には無言

[ 2016年10月30日 05:30 ]

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」初日舞台あいさつに登壇し笑顔を見せる宮沢りえ
Photo By スポニチ

 女優の宮沢りえ(43)が29日、主演映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の初日舞台あいさつを都内で行った。

 V6の森田剛(37)との交際を一部週刊誌で報じられてから公の場に初登場。報道陣から交際について質問が飛んだが、無言を貫いた。

 同作では末期がんで余命2カ月と宣告された母親役。私生活では14年に母・光子さん(享年65)を肝腫瘍で亡くしており「私も母をがんで亡くしたので、演劇の神様に試されてるなと思い、並大抵のエネルギーではできないと思って挑みました。この作品に出合えてとても幸せです」と自信の笑みを見せた。杉咲花(19)、オダギリジョー(40)、松坂桃李(28)らも登壇した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月30日のニュース