コブクロ小渕 自己2位の好記録、山中教授はベストタイムに笑み

[ 2016年10月30日 17:48 ]

大阪マラソンを完走しバンザイするコブクロ・小渕健太郎(中央)
Photo By スポニチ

 「大阪マラソン2016」が30日に行われ、著名人らも大阪市内を駆け抜けた。人気デュオ「コブクロ」の小渕健太郎(39)は3時間44分20秒で完走し、「自己ベスト2!」と笑顔。同大会で昨年記録した自己最高3時間40分に次ぐ好タイムを喜び、周囲の声援にも「ありがとう」と応えた。ツイッターでも「全力を出しきりました」と報告した。

 京都大iPS細胞研究所所長・山中伸弥教授(54)は3時間42分58秒で完走した。「暑くてバテて倒れるようにゴールした」と疲れを口にしたが、「沿道から応援を凄くいただき、今回がベストタイム」と満足の表情。次回の出場について問われると、「今はあんまり走りたくないが、また来年も走っているんでしょうね」と笑顔だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月30日のニュース