Juice=Juice モー娘超え!約1年半かけ225公演完走

[ 2016年10月30日 05:30 ]

47都道府県ツアー全225公演の千秋楽を沖縄県で迎えたJuice=Juice(左から)宮崎由加、高木紗友希、宮本佳林、金澤朋子、植村あかりはビーチで乾杯
Photo By 提供写真

 アイドル集団「ハロー!プロジェクト」所属の女性5人組「Juice=Juice」が29日、沖縄・那覇市のテンブスホールでライブを行い、47都道府県、計225公演のツアーを完走した。一つのツアーでの公演数としては「モーニング娘。」ら先輩を超えハロプロ歴代最多。センターの宮本佳林(17)は「一つ一つの公演を大切にやってきて自分たちの色をつくってこられた。これだけの数を積んだことを胸に、これからも頑張りたい」と充実した表情で話した。

 ツアーは昨年6月にスタート。台湾、香港での、自身初となる海外公演を含めての総移動距離は計約6万8000キロで、地球を約1周半した計算になる。1年を超える長丁場の中で、サブリーダー金澤朋子(21)が今年1月に子宮内膜症を公表。その後も植村あかり(17)がへんとう炎を発症するなど立て続けに体調を崩し、リーダーの宮崎由加(22)は「今年2、3月ごろみんな駄目になっちゃって、カバーしあえなくてつらかった。でも、そんな時期でも温かく応援してくださったからここまで来られた」と目を潤ませた。

 公演では宮崎が「会場にお越しの皆さん、めんそーれ!!(いらっしゃい)」と沖縄弁であいさつ。この日誕生日だったつんく♂(48)が作詞作曲した新曲「Dream Road」などを熱唱。完走を祝って、5人そろって、沖縄名産のシークワーサージュースで乾杯した。

 来月7日には自身初めてとなる東京・日本武道館での公演を控える。高木紗友希(19)は、「ツアーの最初に比べ歌も踊りも全然違う。私たちのアットホームな持ち味はそのまま、今回のツアーとはまた違うステージにしたい」と、さらなる飛躍に自信を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月30日のニュース