草刈正雄、田んぼに描かれた真田昌幸と対面「見に来たかいがある!」

[ 2016年9月2日 20:05 ]

青森県田舎舘村の田んぼアートを鑑賞した真田昌幸役の草刈正雄(C)NHK

 NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)で真田昌幸を演じる俳優の草刈正雄(63)が台風10号の被害も免れた青森県田舎舘村の田んぼアートを2日、鑑賞した。

 田舎舘村役場4階の展望デッキに姿を見せた草刈は、鈴木村長の案内を受けながら、自らが扮した昌幸をデザインした田んぼアートに驚きの表情を見せた。「これは見に来たかいがある!素晴らしい!こんなにそっくりに出来るとは」と田んぼアートを眺めながら思わずうなった。

 鈴木村長が「全国でたくさん行われている田んぼアートも、田舎舘村が元祖です。皆さん田舎舘のクオリティーは、群を抜いていると誉めて下さいます」と自信をのぞかせた。

 広大に拡がる「真田丸」昌幸と石田三成の田んぼアートを前に、間もなくクライマックスに入っていくドラマについて質問された草刈は「『真田丸』は、私の俳優人生の中でナンバー1の作品、真田昌幸という役も今までの中で1番最高の役です!」と、押しかけたファンにも届く声で堂々と語っていた。

 田舎舘村田んぼアート、第1会場4階展望デッキには、5月30日の開設以来、8月いっぱいで12万7000人が入場した。10月上旬まで津軽の地に「真田丸」が彩られる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年9月2日のニュース