小林麻央 ブログ新設「陰に隠れている自分とお別れ」胸中を発信

[ 2016年9月2日 05:30 ]

新たにブログを開設した小林麻央

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)の妻で、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)が1日、自身のブログ「KOKORO.」を新設し「一度きりの人生なので、なりたい自分になろうと決意できた」と心境をつづった。海老蔵が緊急会見で闘病を公表した6月9日夜に、過去にキャスターを務めた日本テレビ「NEWS ZERO」でコメントを発表して以来、約3カ月ぶりに思いを明かした。

 「なりたい自分になる」というタイトルで「私は力強く人生を歩んだ女性でありたいから 子供たちにとって強い母でありたいから ブログという手段で 陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」と説明。関係者によると、現在も入退院を繰り返しながら放射線などの治療を受けている。その中で同様に闘病するママら人の役に立ちたいとの気持ちを強く持ち、ブログ開設を決意した。子供と一緒にいられず、胸を痛めている母親がいたら「私も同じですと伝えたい」としている。

 乳がんが見つかったのは14年秋ごろ。人間ドックがきっかけで診断された。海老蔵は献身的に看病し、8月上旬から今月中旬の舞台が始まるまで異例の長期休暇を取り、家族で過ごす時間をつくっている。当初希望していた旅行にはまだ行っていないが、見舞いのほか、長女麗禾ちゃん(5)、長男觀玄くん(3)をディズニーランドに連れて行くなど良きパパぶりを発揮している。

 前日の8月31日の自身のブログでは麻央について「自分の言葉で伝えるべきことがあるようです」と予告。麻央がブログをアップした後は「数日前に何かをしたいと言い出した」とし、病気が公になったことで「少しでもお役に立てる場合もあるのかと感じた、それ以上に感じたのが妻だ」と愛妻の思いをつづった。

 1日午後10時には麻央のブログに約14万の「いいね!」が寄せられた。麻央は同日夜に2度目のブログを更新し「病気になってよかったと言えるような境地までたどり着いていません。できるならば、なりたくなかった」と率直な思いを明かした。そして「今日は、たくさんの皆様とつながれて、勇気づけられました」と感謝の気持ちを表した。今後も随時、更新していくという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年9月2日のニュース