唯月ふうかが退院、励ましに感謝 「ピーターパン」舞台稽古中に負傷

[ 2016年9月2日 14:13 ]

主演ミュージカル「ピーターパン」舞台稽古中に負傷した唯月ふうか

 主演ミュージカル「ピーターパン」の舞台稽古中に負傷し、入院していた女優の唯月ふうか(19)が2日、自身のブログを更新し、前日に退院したことを報告。「毎日少しづつ元気になってます」と明かすとともに、大阪公演中止を謝罪した。

 唯月は8月16日、大阪市内で行われた稽古中、3メートルの高さから宙づりの状態で降下している時にスタッフの操作ミスで落下。市内の病院に搬送され、精密検査の結果、眼窩(がんか)底吹き抜け骨折と診断された。唯月は入院し、翌17日の大阪公演は中止となった。

 唯月はブログで、「今回は、たくさんご心配をかけてしまい、すみませんでした」と切り出すと、「楽しみにして下さっていた皆さん…本当にごめんなさい。私も悔しい気持ちでいっぱいです」と公演中止を謝罪。そしてブログやツイッター、手紙などで寄せられた励ましのメッセージに感謝し、「皆さんの応援のおかげで乗り越える事が出来ました」と明かした。

 続いて「今は、無事に手術も終え、昨日退院もして、毎日少しづつ元気になってます」と近況を報告した唯月。「また皆さんにお会いできる日を、楽しみにしています。なので、それまでの間、ちょっとだけ待っててくださいね!!」と復帰を約束した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年9月2日のニュース