西川きよし がん手術を感じさせない軽快トーク「吉本は上に又吉、下に坂田利夫」

[ 2016年7月17日 12:09 ]

「日本青年会議所×吉本興業包括提携協定 報告会見」に出席した西川きよし

 お笑い芸人の西川きよし(70)が17日、横浜市で「日本青年会議所×吉本興業包括提携協定 報告会見」に出席した。同協定は吉本のエンターテイメントと発信力で地域から日本を元気にすることが目的。

 西川は「47都道府県よしもと“住みます芸人”プロジェクト」に参加する芸人9組と登壇し、「吉本にはおもしろい人がたくさん。吉本の芸人が活躍することで地域が活性化されればいいな。吉本も総力をあげて頑張ります」と力を込めてあいさつした。

 1月に初期の前立腺がんの手術を受けていたが、それを感じさせない軽快なトークを展開。「吉本は、上には芥川賞を受賞した又吉や京都大学を卒業したロザンなど、下には坂田利夫などがいる」と紹介。盟友である坂田との思い出やおもしろエピソードなども披露し、会場の笑いを誘った。

 また住みます芸人9組がネタを披露すると「(自分の)若い頃を思い出します」としみじみ。「おもしろかった。地域を盛り上げるネタを持ってきてくれて」と激励していた。他にMCはあべこうじ(41)が務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年7月17日のニュース