八名信夫 唯一のラブシーンは菅井きんと「不整脈を起こしたよ」

[ 2016年7月17日 10:07 ]

インタビュー中に温和な表情を見せる八名信夫

 八名信夫(80)はラブシーンには無縁の俳優人生だが、00年のNHK連続テレビ小説「私の青空」では恋仲になる場面があった。

 「プロデューサーから“ラブシーンをやってください”と言われて、台本をもらうまでの1週間は寝られなかった。台本が出来上がって、相手役の名前を見たら“菅井きん”て書いてある。不整脈を起こしたよ」とおどける。お互いに恋に落ちる役どころで「2人でチークダンスを踊る場面は、きんさんが身長が低いから、ベルトにセミが止まってるみたいだった。そんなラブシーンも一生忘れんでしょう」と笑顔で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年7月17日のニュース