山田裕貴 妹は映画通!?出演作「一番面白かった」にびっくり

[ 2016年7月17日 18:56 ]

映画「ふきげんな過去」公開記念トークショーに登壇した山田裕貴(左)と前田司郎監督

 若手俳優の山田裕貴(25)と前田司郎監督が17日、都内で映画「ふきげんな過去」公開記念トークショーを行った。

 同作品は女優の小泉今日子(49)と二階堂ふみ(21)が、母娘役で初共演。自由奔放な母・未来子(小泉)と、女子高生の果子(二階堂)が過ごしたひと夏の物語。山田は果子に言い寄るイケメンなのにちょっとおバカなバンドマン・ヒサシを演じている。「23歳の妹が見に行ってくれて、今まで見た映画の中で一番面白かったって言ってた。こんなの初めて。映画通ぶっているのでうれしかった」と驚きながら報告した。

 これを聞いた監督も喜び、「若い女性に見てもらえてうれしい。親子の話なので、年配の方にも見ていただけると」と希望を明かした。

 山田は自身が演じた役について聞かれると「まんま僕です。バカなところがいっぱいあるし。でもバカと天才は紙一重って言われるから、いつか天才って言われることをテーマに生きてます」と語り、会場の笑いを誘った。山田のすべて見抜いているという監督は山田を「いいやつ」と評価。しかし山田が「でもいいやつで止まることが多い」と悩みを吐露すると「女の子とかに?そうだろうね」と返され、苦笑いだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年7月17日のニュース