モー娘。ズッキ涙の卒業“やせてもすぐ戻る”ぽっちゃりネタも

[ 2016年5月31日 20:35 ]

5月いっぱいで「モーニング娘。’16」を卒業する鈴木香音

 「モーニング娘。’16」が31日、東京・日本武道館で「モーニング娘。’16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION~鈴木香音卒業スペシャル」を行い、ぽっちゃりキャラで知られる鈴木香音(17)が涙ながらにファンやメンバーに別れを告げた。

 2011年、モー娘9期メンバーとして加入。“ズッキ”の愛称で親しまれた。食事制限と運動で12キロのダイエットに成功し、その姿勢が評価され、昨年8月には「Oh mywish!」でWセンターに初抜擢された。その1カ月後にはブログでリバウンドを告白するなど、話題を呼んだ。

 コンサートのアンコール明けに鈴木は卒業スピーチ。モー娘。加入前のアイドルへの憧れや、加入当初の不安だった気持ち、周囲に助けてもらった感謝の気持ちなどを告白し、涙で声に詰まりながらメンバーとの思い出を語り始めた。

 「私の母性反応を一気に開花してくれた12期メンバー。仲間として友達として支えてくれた(小田)さくらちゃん。私のツッコミポイントを理解しておいしく持っていってくれる10期メンバー。面倒くさい私の性格を理解して適度な距離感で接してくれる、でも厚い信頼を寄せられる9期の3人。みんながいてくれたから私は安心してステージに立てました、ありがとう」

 「せっかくやせたと思ったのにすぐ戻る」とぽっちゃりキャラらしい自虐も交えつつ、「私はこれからもずっとモーニング娘。のファンでいます」とあいさつを締めくくった。ステージを去る際には「私は世界一幸せ者です、ありがとうございました!」とファンに笑顔を振りまいた。

 鈴木は芸能界は引退し、今後は福祉に関わる仕事を希望している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年5月31日のニュース